サイクルズ

サイクルズ

雨の日でも快適に自転車に乗ろう

通勤・通学に自転車を使う方は、多くいると思いますが、突然の雨で不快な思いをしたことはありませんか。街中で傘をさしながら走行する人をよく見かけますが、片手での走行は大変危険ですし、交通違反で罰則を受けることもありますのでお勧めできません。また、傘をさしていてもリュックや服が濡れるのを完全に防ぐことはできません。では、どうすればこのような問題が解決できるのでしょうか。自転車専門店やスポーツウェア専門店などでは、レインウェアや防水リュック・バッグなど雨の日のための装備が充実しています。レインウェアは高価なイメージがありますが、ヘルメットと上下ウェアの3点セットで5000円程度のお得な商品もあります。この他にも泥よけの簡易型フェンダーやシューズカバーなど便利な装備が充実しています。インターネット上でも色々なサイトで商品を購入することができますので、興味のある方は一度チェックすることをお勧めします。防水グッズで雨の日も快適にサイクリングを楽しみましょう。

雨の時の自転車走行の注意点と対策

雨が降っているときは自転車で移動するときはいつも以上に注意が必要になってくると点がいくつかあります。まず、眼鏡を使用ている人であれば、水滴が眼鏡についてしまって、前方が見えにくくなってしまうので危険です。ですから、もし眼鏡をかけている人で、雨の日に乗るのであれば、コンタクトレンズを用意しておくとよいでしょう。次に、もしも乗っている自転車のタイプがスポーツタイプのものであるならば、マンホールの溝などには注意が必要になってきます。スポーツタイプのタイヤというのは普通のものよりも滑りやすいという特徴がありますから、なるべくマンホールの溝は通らないようにすることが大事になってきます。また、スポーツタイプの自転車の場合、軽量化のために泥除けがついていない場合が多く、泥除けがないと自分の背中の部分まで水が飛んでくる可能性がありますから、購入する前に事前に泥除けも購入しておくか、後から購入してお店でつけてもらうとよいでしょう。

check

合宿免許を検討

2018/11/15 更新

『自転車 パーツ』 最新ツイート

@Sigureji_rain

@rerahokkaido コレに関しては自転車屋さんで聞くのが一番かと(僕はクロスしか乗ったことない+友人のロード一回乗っただけ、ですし、一度買ったらそれしか乗らないので比較ができないですからね) あと、ロードは基本的にどのパー… https://t.co/EJvp2Lq8km

1時間前 - 2019年08月19日


@Green_Trail

【トルク管理の重要性①】 軽量部品で構成されているスポーツ自転車の場合は特にネジ締付トルク管理が重要になります。例えばハンドル周りのネジ。規定トルクを下回っていると走行中に動く可能性がありますし、逆に過トルクでもパーツが破損する可能性があります。どちらも大事故に繋がりかねません。

1時間前 - 2019年08月19日


@seven_MNI

随分鳴ってたけど4連数珠でオフ。洗濯溜まってますねん。自転車もまるっとパーツ交換するべ🚲 アクエリ飽きてきたので今日はいろはす。

2時間前 - 2019年08月19日


△ページの上